2018年仮想通貨が世界に及ぼす影響&2017年総まとめ

SHARE

2018年仮想通貨が世界に及ぼす影響&2017年総まとめ

まずは、新年あけましておめでとう。

来年はもっと頑張ります。

頑張りましょう!

では今回は一つ年の区切りとして

2017年の総まとめと今後の予想をしていこうと思う。

では、さっそくはじめよう

2017年度 仮想通貨総まとめ

segwitのアクティベーションが確定した

 

segwitとはビットコインの処理速度の問題を改善するため、

導入を検討されたソフトのこと。

ブロックサイズに制限があり

拡張への足かせとなっていた長年の問題が解決された

伴ってビットコインの高騰があった。

 

ビットコイン価格が爆上げする

 

8万前後そこそこのコインが、なんと200万にまで上がった。

これでおくりびとが続出することとなる。

ハードフォークしたコインが続々誕生

 

改良を加え続々と上場していくコインがふえていくなか

ビットコインの次に有名となったコイン

イーサリアムがこれになる。

ビットコイン先物取引が開始される

はじまりは米国、シカゴからとなる。

先物取引とは将来の売買について、あらかじめ現時点で未来の価格を約束をする取引のこと。

買い付けをした時点では代金を支払わずに、

将来の決められた期日まで代金の支払いが伸びている取引です。

機関投資家がビットコインを運用することとなって流動性が高まりさらにビットコインが乱高下した。

 

ビットコインがビットコインキャッシュと分裂する

分裂した理由から話すとこれは「スケーラビリティ」が原因です。

スケーラビリティとは処理速度のこと。

市場規模が大きくなるに連れて

ブロックサイズの1MBでは入り切らなくなりそこで開発されたのが

「ビットコインキャッシュ」

ブロックを分裂させたのです。

この時、相場は超絶下落をみせました。。

仮想通貨の法規制が定まる

仮想通貨法が確立された。

仮想通貨は「紙幣」扱いとなった。

 

ICOが流行る

ICOというのは企業の資金調達のこと。

これに伴いICO詐欺も流行った。

もし分からないのであれば、犬でも分かる超分かりやすい解説あるから見てみて。

ICOってなに?初心者でも分かりやすく解説。メリットとデメリットについて

2018年の仮想通貨予想まとめ

 

2018年は投資に全く興味がなかった人たちもビットコインの存在のすごさに気づき

仮想通貨保持者はさらに増えるでしょう。大量のお金が流れ

仮想通貨市場はさらに盛り上がることが見込まれます。

 

するとビットコインの価格が大きく下落する場合には

他の通貨の価格が高騰するでしょう。

私がそれを思う通貨は、リップルです。

もうすでに、2017年12月の時点で大きな動きがみえています。

 

いかがだったでしょうか。

さあ2018年、革命を起こしましょう。

 

まだ仮想通貨の主要取引所も登録してない人はさっそく登録

登録料は無料です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です