2017/03/07は利確50pips

 

昨夜、ドル円が111円後半で推移していましたが

FOMCの3月の利上げ確率が40~50パーセントに上がったことで

112.84円へ急騰しました。

ただ、日足に目を向けると、過去1か月半以上、小さなレンジで揉み合いを続けています。

明日の11時はトランプ大統領の演説です。
いろいろな噂が出ていますが、

明日に3月中旬の予算教書の内容も出てくるのではないかとも言われており、

経済政策への言及もあれば、ドル買いになりそうです。
アメリカは今後利上げ方向なので、

ドル円の下げは長期的に見れば調整の動きだと考えているので、

突っ込んで下がるようなことがあれば買いを考えています。

先週金曜は米長期金利が下がり、それに連れてドル円も112.10円付近で終わりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です