テクニカル分析 トレンドは3種類

SHARE

テクニカル分析 トレンドは3種類

今日はダウ理論について語ってみよう。

まずチャールズ・ダウの存在を知ってほしい。

彼はダウ理論を考案した人であり

そして平均株価の概念を用いてダウ理論をあみ出した人である。

ダウ理論ってなにって話だが、用はテクニカル分析のひとつ

特にトレンドを把握するときにつかうものだ。

ダウ理論の基本的な考え方は6つある。

①平均はすべての事情をおりこむ

②トレンドは3種類

③主要トレンド3段階

④平均株価は相互に確認できなければならない

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

⑥トレンドは明確な反転シグナルがでるまで継続する

この6つ。

今日はトレンドのおさらいをしよう。

トレンドとは、アップトレンド、ダウントレンド、レンジ、この3つ。

アップトレンドなら右肩上がりー、ダウントレンドなら右肩下がりー

なんて覚え方ではいけない。

すべてには定義がある。

まずは基本的な定義を徹底的に身に染み込ませる。

アップトレンドとは、高値が切り上がり続け、安値が切り上がり続けることであり、

ダウントレンドは、高値が切り下がり続け、安値が切り下がり続ける限り継続する。

そしてこの時、アップトレンドには押し安値、

ダウントレンドには戻り高値というものが存在して

この定義が継続する限りこれらは新たに形成された戻り目、押し目に移動していく。

 

レンジはトレンドにならないもの。という認識でよいと思う。

アップトレンド、ダウントレンドの継続の確認で大事なのは

これが相互に確認がとれなければならないってこと。

そしてさらに大事なことは、トレンド転換は明確な反転シグナルがでるまで継続するってことだ。

わかり易く説明すると、アップトレンドでも必ず崩壊するときがくる。

高値が前回高値を超えられずそして安値が前回安値を割ったよ。というときが反転のシグナルだ。

 

ポイントは、①の前回の高値を切り上げられなかった点である。

前回安値を切り下げた②の瞬間にアップトレンドは崩壊する。

ダウントレンドの崩壊の定義も同じだ。

この理論をもとに、じゃあアップトレンドはどこで買いエントリーすればよいか

ということなんだが

それは次回に説明するとしよう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です