テクニカル分析 トレンドラインとチャネルライン

SHARE

テクニカル分析 トレンドラインとチャネルライン

今日はトレンドラインとチャネルラインについて語ってみる。

まずこれらは一番オーソドックスながら

とっても使えるテクニカル分析の一つ。

トレンドラインは、

アップトレンドなら下値の抵抗を示すラインであり、
ダウントレンドなら上値の抵抗を示すラインのこと。

シンプルながら引き方にもルールがあり、

自身の感覚で引くラインではない。

実際のチャートで解説しよう。

まず、アップトレンドのとき、

最安値と新高値直前の谷を結ぶことだ。

ここで知っていてほしいのは、ロウソク足はヒゲベース。

なぜかというと基本的にチャートは

ロウソク足でなくバーチャートで見られているからだ。

そうすると、自然と反発されるポイントというのが

掴めてくるだろう。

ただし話はこれでおしまいじゃない。

こんな単純な話ではない。

 

市場は常に変動し続けているもので、

キレイにアップトレンドしてるように見えてそうではない。

下値抵抗線として機能していたトレンドラインはある時切り下げて、

今度は高値の抵抗線として機能しだすときがある。

このように。下記のチャートをみてほしい

まず、黄色いラインはアップトレンドが発生した段階で引いたライン。

あるときから高値の抵抗線として機能しはじめる。

こうなった場合、じつはここから這い上がって

また下値抵抗線となることは、なかなか難しい。

近々反転するか、多くはレンジとなる。

アップトレンド時のトレンドラインは

下値抵抗ラインであることが基本なのだから

このときは、トレンドラインを引き直してみることだ。

ピンクのラインのように。

そうするとまたそこからが新しい抵抗ラインとなる

初期にひいたラインが間違っていたというわけじゃなくて

相場状況によって引き直しも必要ってことだ。

どちらが有効かというと

新しく加えたトレンドラインのほうが有効だが

一回目にひいたラインを完全に無視してはいけない。

このラインにも反応するロウソク足はもちろんある。

逆にチャネルラインは、

アップトレンドなら上値の抵抗を示すラインとして機能し、

最安値を形成した高値から新高値を結ぶ。
ダウントレンドなら下値の抵抗を示すラインとして機能する。

 

まとめると、

アップトレンドのとき

トレンドラインは最安値と新高値直前の押し目にそってラインをひく。

チャネルラインは最安値を形成した高値から新高値にそってラインをいく。

ダウントレンドのとき
トレンドラインは最高値と新安値直前の戻り目にそってラインをひく。

チャネルラインは最高値を形成した安値から新安値にそってラインをひく。

どちらも支持点が多ければ多いほど強力であるということだ。

こんなシンプルな手法でも探求すると奥が深い。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です