テクニカル分析 チャートパターン

SHARE

テクニカル分析 チャートパターン

今日は基本的なチャートパターンについて語ってみる。

まずテクニカル分析をする上で

このチャートパターンは必要不可欠なものになるので

しっかりここでおさらいしたい。

-ダブルトップー  -ダブルボトム-

ダブル・トップとはアップトレンドする相場が

一旦レジスタンスされ

前回高値のレジスタンスラインまで下落。

再度上昇するが切り抜けられず売りの勢いをつける。

三度繰り返されればトリプルトップとなる。

ネックラインから天井までの幅の分、下落するといわれている。

ダブルボトム、トリプルボトムもダウントレンドで置き換えれば同様。

もしこれが、急落せずにネックラインで跳ね返されてしまった場合は

もちろんダブルトップが形成されたことにはならず

ただの上昇フラッグだったんだと思えばいい、

ただそれだけのこと。

 

ーヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーとは天井で出現しやすく、

その名の通りヘッドとショルダーが形成される。

ネックラインからヘッドの高値までの幅の分、下落すると言われている、

底に出現したときは逆向きとなる。

 

次回へ続く!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です