ペナントブレイク

前回の続きで、チャートパターンについて書いていこう。

今日はペナントについて。

今後役立つペナントのコアなところまでも紹介できると思う。

なかなか教科書どおりうまく形成されるわけではないけど知ってて損はないはず。

基本的なペナントの形は、これだ。

この形が続けば続くほどおおきくブレイクする。

なぜブレイクするかというと買いと売りとの攻防戦に決着がつくからだ。

最終的に勢いが強かったほうへ一気に動く。

この基本的な形とは逆で、

終わりにかけて値動きが広がっていくペナントの種類もある。

ただどちらに動くかのか予想するのは難しい。

そこでどちらにブレイクするか

予測ができるペナントの形を紹介しよう。

ーディセンディングトライアングルー

下に平行線がひけ、上は傾斜となる。

下にブレイクする可能性が高い。

ブレイク幅はペナント形成中の最大振れ幅分といわれている

ーアセンディングトライアングルー

下に傾斜があり、上は平行線がひける。

上にブレイクしやすい。

ブレイク幅はペナント形成中の最大振れ幅分。

きれいな形ならば、なおよい。

ブレイク後は、Vボトムを形成して

またひきもどしがあることはよくあるので注意が必要。

このチャートはすごいキレイで分かりやすいから

みんな入りやすくて一気に下がってるね(´・ω・`)

ペナントブレイク FX トレード テクニカル分析

では、次回につづく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です